有痛性分裂膝蓋骨/成長期の膝の痛み

有痛性分裂膝蓋骨とは

通常1つの膝のお皿が2つ以上に分裂し運動時やお皿を押したときに痛みを感じます。10代の成長期の子供に多いスポーツ障害です。

有痛性分裂膝蓋骨の症状

有痛性分裂膝蓋骨は運動時や運動後の膝の痛み、押したときの膝の痛み、膝の曲げ伸ばしの時の痛みが主な症状です。ジャンプの着地時やダッシュした時に膝に痛みを感じることが多いです。

有痛性分裂膝蓋骨の原因

有痛性分裂膝蓋骨の主な原因は先天性のものと、事故や転倒でお皿が割れて2つ以上になったものがあります。大腿四頭筋の牽引力が痛みを起こす要因となります。

有痛性分裂膝蓋骨の治療

有痛性分裂膝蓋骨の治療は電気療法、温熱療法、ストレッチ、マッサージ、超音波などを施術していきます。

有痛性分裂膝蓋骨の予防

 大腿四頭筋のストレッチ

  • 壁を右にして立つ
  • 右手を壁につき体を安定させる
  • 左手で左足の甲を持ち後ろに引っ張る
  • 太ももが伸びているところで30秒キープ
  • 体の向きを変えて逆の足も伸ばす

最後に

分裂膝蓋骨には痛みが出ない場合もあります。また、骨の癒合がみられず痛みが長期化する場合は手術が行われる場合もあります。当院では早期に回復し競技復帰できるようサポートしていきます。深谷市、熊谷市でスポーツ時の膝の痛みを抱えている子供は一度ふじ接骨院にご相談ください。

前回の記事

LINEで送る
Pocket

1 thought on “有痛性分裂膝蓋骨/成長期の膝の痛み

  1. ピンバック: 野球肘/肘のスポーツ障害 - ふじ接骨院 野球肘 スポーツ障害

ただいまコメントは受け付けていません。