オスグッドの予防と改善方法

オスグッドの症状

膝のお皿の下の骨が徐々に膨隆してきて、痛みを生じます。

オスグッドの原因

・ジャンプやボールを蹴るなどのスポーツ動作の繰り返しで起きる、使いすぎ(オーバーユース)が原因です。

・成長期の子供は骨の成長に筋肉の成長が追いつかず筋肉の付着部に負担がかかり発症します。

・大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の柔軟性が低いと起こりやすくなります。

・悪い姿勢でスポーツ動作をするとで筋肉の負担が増え筋肉の緊張が強くなり発症します。

オスグッドの治療

・運動の休止やサポーターの装着

・電気治療

・マッサージ

・ストレッチ

・運動療法

・スポーツ動作の指導

オスグッドの予防

大腿四頭筋のストレッチ

腸腰筋のストレッチ

ハムストリングスのストレッチ

ひろのば体操

最後に

オスグッドは軽度の場合痛みを我慢して運動したりきちんと治療をしなかったりする子供が多くその場合、非常に長期化しやすいです。また、安静にして痛みが消失しても筋肉の柔軟性やスポーツ動作を改善しないと再発を繰り返してしまいます。当院ではスポーツ動作の指導、改善に力を入れています。熊谷市、深谷市でオスグッドの痛みを抱えている方は一度ふじ接骨院にご相談ください。

前回の記事

LINEで送る
Pocket