ジャンパー膝の予防と治し方

ジャンパー膝とは

別名【膝蓋靱帯炎】ともいい、バレーボールやバスケットバールなどのジャンプ動作の繰り返しが原因で膝の前面に痛みが起こるスポーツ障害です。

ジャンパー膝の原因

大腿四頭筋の柔軟性の低下が主な原因です。成長期では骨の成長に筋肉の成長が追いつかず筋肉の緊張が強くなり牽引力が増し起こりやすくなります。ジャンプ動作や着地時の姿勢が悪いと筋肉の負担が増え柔軟性が低下し発症の要因になります。

ジャンパー膝の治療

運動の制限やサポーターの装着、電気治療、マッサージ、ストレッチ、運動療法、コンビネーション治療(超音波+ハイボルテージ)などを行い、痛みを緩和させていきます。痛みが消失したら予防・再発防止のためジャンプ動作などの改善をしていきます。

ジャンパー膝の予防

・大腿四頭筋のストレッチ

腸腰筋のストレッチ

正しいジャンプ動作の習得

最後に

ジャンパー膝を繰り返さないためには正しいスポーツ動作を覚えることが大切です。正しい動作を覚えることでパフォーマンも向上します。ジャンパー膝などの膝の痛みで深谷市、熊谷市の接骨院・整骨院をお探しの方はふじ接骨院にご相談ください。

前回の記事

LINEで送る
Pocket