ハムストリングス肉離れの予防と治療について

ハムストリングス肉離れ

目次

  • ハムストリングス肉離れとは
  • ハムストリングス肉離れの原因
  • ハムストリングス肉離れの症状
  • ハムストリングス肉離れの予防
  • ハムストリングス肉離れの治療

ハムストリングス肉離れとは

ハムストリングス肉離れは、太ももの裏の筋肉が肉離れを起こしたことで、再発が多い箇所の損傷ですのでしっかりとした治療と再発防止のケアが重要になっていきます。肉離れとは筋肉の線維が微少、部分的もしくは完全に切れたことを言います。陸上やサッカーなどのスポーツで起きることが多いです。

ハムストリングス肉離れの原因

ハムストリングス肉離れの原因は、筋肉の柔軟性の低下、筋力の低下、筋肉の機能障害、関節の可動域制限、骨盤のアライメント異常、運動フォームの乱れ、不良姿勢、などがあります。また、ウォーミングアップ不足でも起きるのでウォーミングアップをしっかりしましょう。

ハムストリングス肉離れの症状

ハムストリングス肉離れの症状は、ハムストリングス(ももの裏)の痛み、腫れ、熱感、発赤、内出血、重症例ではハムストリングスの陥凹が現れます。

ハムストリングス肉離れの予防

ハムストリングス肉離れの予防にはハムストリングスのストレッチが重要です。

ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングスのストレッチ

  • 膝を伸ばして座る
  • 左膝を曲げる
  • 背筋を伸ばしたまま体を前に倒す
  • ももの裏が伸びているところで30秒キープ
  • 逆の足も伸ばす

ハムストリングス肉離れの治療

当院ではカウンセリング、理学検査、超音波検査を行い、肉離れの程度を判断していきます。急性期はアイシング、電気治療、ハイボルテージ治療、超音波治療を行い、痛みが治まってきたら徐々にストレッチ、マッサージ、運動療法、筋力トレーニング、骨盤矯正を行い、ハムストリングスの柔軟性、骨盤帯のアライメント、股関節の可動域、姿勢を正常に戻していきます。再発防止と予防の為、運動フォームの改善を指導します。治癒するまでに軽度の肉離れの場合は約1~2週、重度の肉離れの場合約4~8週程度かかります。再発を起こしやすい筋肉なので焦らずじっくり治療していきましょう。深谷市、熊谷市籠原周辺でハムストリングスの肉離れ、急なももの痛みを感じたら一度ふじ接骨院にご相談ください。

前回の記事

お問い合わせはお電話かLINEで!

LINEで送る
Pocket

1 thought on “ハムストリングス肉離れの予防と治療について

  1. ピンバック: 膝内側側副靱帯損傷の治療について - ふじ接骨院 膝内側側副靱帯損傷

ただいまコメントは受け付けていません。