上腕二頭筋長頭腱炎の予防と治療について

上腕二頭筋長頭腱炎とは

上腕二頭筋長頭腱炎とは力こぶの筋肉である上腕二頭筋の長頭腱が結節間溝という骨の溝のところで炎症を起こした状態です。結節間溝では上腕二頭筋長頭腱の走行が急に変わるなど構造上摩擦が起こりやすくなっているため、重い物を持つなどの重労働や野球などの投球動作が多いスポーツで繰り返し負担がかかり炎症が生じやすくなります。

上腕二頭筋長頭腱炎の原因

上腕二頭筋長頭腱炎は重い物を持つ重労働や投球動作の多いスポーツでの使いすぎ(オーバーユース)が原因で起こります。上腕二頭筋の筋緊張、肩関節、肩甲骨のアライメント異常、骨格の歪み、普段の不良姿勢、スポーツでは投球フォームなどの運動動作が悪いと炎症を起こしやすくなる要因です。

上腕二頭筋長頭腱炎の症状

上腕二頭筋長頭腱炎は肩関節の前面の痛み、投球時の痛み、物をもつ時の肩の痛み、夜寝るときの痛み、肘を曲げるときの痛み、腕を上げるときの痛みなどがあります。

上腕二頭筋長頭腱炎の予防

上腕二頭筋長頭腱炎の予防には肩関節周辺の筋肉と肩甲骨周辺の筋肉のストレッチが効果的です。

今日は上腕二頭筋のストレッチを紹介します。

上腕二頭筋のストレッチ
上腕二頭筋のストレッチ
  • 肩幅に足を開いて立つ
  • 後ろで手を組む
  • 手のひらを返して肘を伸ばす
  • 肘を伸ばしたまま腕を上に上げていく
  • 伸びているところで30秒キープ

上腕二頭筋長頭腱炎の治療

ハイボルテージ

当院では理学検査、エコー検査、触診、姿勢分析、運動をしている人は運動動作をチェックし根本的な原因を探します。原因がわかったらまずはアイシングや温熱療法の冷罨法とハイボルテージや超音波などの物理療法で痛みを緩和させていきます。徐々に痛みが引いてきたらストレッチ、マッサージ、運動療法、骨盤矯正などで筋肉の過緊張、関節可動域の改善、肩関節や肩甲骨のアライメント、不良姿勢の改善、悪い投球フォームなどの原因となっている根本治療を行います。再発や腱断裂が起きないように安静にしているだけでなくきちんと治療を受けスポーツや日常生活を楽しみましょう。

前回の記事

LINEで送る
Pocket

1 thought on “上腕二頭筋長頭腱炎の予防と治療について

  1. ピンバック: 肩甲上神経障害の原因と治療 - ふじ接骨院 肩甲上神経障害

ただいまコメントは受け付けていません。