鵞足炎について予防と改善

鵞足炎の症状

鵞足炎とは野球やサッカーなどにみられるスポーツ障害です。「鵞足」と言われる半腱様筋、薄筋、縫工筋の3つの筋肉の腱が付着するすね(脛骨)の内側に炎症が起き、痛みを生じます。

鵞足炎の原因

鵞足炎はジャンプやラン動作などのスポーツの動きの繰り返しで鵞足部に負担がかかる事で起こります。筋肉の柔軟性の低下、膝や足首の歪み(アライメント異常)、悪い姿勢でのスポーツ動作などが原因になります。

鵞足炎の治療

鵞足炎の治療はアイシング、電気治療、超音波治療、ハイボルテージ治療、ストレッチ、マッサージ、運動療法、運動動作の改善を行います。

鵞足炎の予防

鵞足炎の予防には半腱様筋(ハムストリングス)、薄筋、縫工筋の筋肉のストレッチとジャンプ動作、ラン動作の改善が重要です。

半腱様筋(ハムストリングス)のストレッチ

  • 右足を真っ直ぐ伸ばし左膝を曲げて座る
  • 右足のつま先に向かって体を前に倒す
  • 右足が伸びているところで30秒キープ
  • 足を変えて逆の足も伸ばす

薄筋のストレッチ

  • 床にあぐらをかいて座る
  • 右足を横に伸ばす
  • 体を左に捻る
  • 右足の内太ももが伸びているところで30秒キープ
  • ①の状態に戻り足を変えて逆足も伸ばす

縫工筋のストレッチ

  • 左足を前右足を後ろにして前後に開く
  • 右膝を床につける
  • 右足の甲を持ちかかとを引き寄せる
  • 右足を外側に開く
  • 右足が伸びているところとで30秒キープ
  • 足を変えて逆側も伸ばす

ジャンプ動作(スクワット)

 ・膝を90°に曲げる

 ・足首を曲げる(かかとをあげない)

 ・膝を足首より前に出す

 ・体を前傾させる(猫背にならない)

 ・膝を真っ直ぐ前に向ける(内側、外側にずれないように)

  ゆっくり姿勢を意識しながら30回

最後に

鵞足炎は筋肉の柔軟性と正しいスポーツ動作を覚えないと長期化、再発を繰り返しやすくなります。柔軟性と正しいスポーツ動作を覚えればパフォーマンスも上がります。深谷市、熊谷市で鵞足炎などの膝の痛みでお困りの方はふじ接骨院にご相談ください。

前回の記事

LINEで送る
Pocket

1 thought on “鵞足炎について予防と改善

  1. ピンバック: 足底腱膜炎の予防と改善法。足の裏の痛み - ふじ接骨院 足底腱膜炎

ただいまコメントは受け付けていません。