坐骨神経痛の治療本当にそれであってますか?

坐骨神経痛とは、「何らかの原因」で、坐骨神経が圧迫される事で、お尻から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みや痺れが出る症状の「総称」のことを言います。

つまり、一言で坐骨神経痛と言っても原因が様々でその原因にあった治療をしていかないと一向によくなりません。

まず、坐骨神経痛の症状には、お尻、太ももの裏、すね、ふくらはぎがありますが、どこか一部分だけに坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、これらが挙げられます。

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる
6.足の筋肉が左右で差が出てくる

坐骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。また、天候 などによっても症状が不規則に変化するという特徴も持っています。

激痛もあるが、比較的鈍痛が多い

痺れ、痛みは限定的な動作に伴う

常に不快な思いが伴う

坐骨神経痛は、極端な激痛が襲ってくることがあまりないことや、我慢できない痛みではないという症状が、坐骨神経痛を負っている人を病院から遠ざけ、限定的な動きをした時だけ痛みが出たり痺れたり何だか気持ち悪い感覚が続くといったような症状だからこそ逆に油断してしまい、専門家での診察を遅らせ症状を悪化させてしまうといったような悪循環をもつくってしまうこともあります。

坐骨神経痛は筋肉疲労などの機能不全による骨盤の歪みや、股関節の歪みによって起こることが比較的多くみられます。

また骨盤や股関節・腰椎が歪みを作ってしまうと必然的に臀部や腰椎付近の筋肉が疲労してしまい、ますます過剰な緊張状態に 陥ってしまいます。

その結果、筋肉は硬くなってしまいます。そうすると 腰椎から顔を出している坐骨神経痛を圧迫してしまい、臀部から場合によっては足先にまで痺れや鈍痛が生じてしまうのです。

現代社会における日々の生活の中にはこのような状態をもたらす坐骨神経痛のきっかけに満ち溢れています。なぜなら、何気ない日常生活であっても腰に対して非常に負担をかけているからです。

自分は大丈夫だと思っていても、たとえば事務職の人であれば数時間のデスクワークだけであっても腰には大きな負担を与えていますし、それ以外であっても毎日誰もが坐骨神経痛の発症にむけて腰に負担を蓄積していると言え、早い・遅いの差はあれど誰もが坐骨神経痛を患う可能性があるということを意味しています。

そして、坐骨神経痛は年配の方の病気とはもう言えない時代です。 坐骨神経痛 は「突然」やってくることが殆どです。

ただ、坐骨神経痛の症状は確かに突然やってきますが、結局は積み重ねの結果として 「坐骨神経痛」という症状が表出する、という表現が適切ともいえます。

坐骨神経痛の原因は次のようなものがあげられます。

1.ぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの

2.梨状筋症候群

3.変形性腰椎症

4.脊柱管狭窄症

5.帯状疱疹

6.椎間板ヘルニア

梨状筋は股関節を外に向けさせる働きがあり、骨盤から足の付け根に付いています。

この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、脊柱管狭窄症とは腰椎が老化などにより変形し、脊柱管が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。

主な特徴は”間欠性跛行”という症状で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛みやしびれなどが出現しますが、しばらく休息をとると再び歩行ができます。

また帯状疱疹(一度水痘になると、例え水痘が治癒しても水痘のウイルスが神経節の中に潜伏している状態が続き、ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって再活性化すること)により坐骨神経痛を発症する場合もあります。

最近増えてきているのが椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛です。これは腰椎の椎骨の間にある椎間板(衝撃吸収材)が限界を超えてしまい、外に飛び出してしまった状態(ヘルニア)を指します。

飛び出た椎間板が脊椎に走る神経束を圧迫してしまい、結果的に圧迫された神経に対応する部分が痺れてしまい、痛みが出てしまいます。

ふじ接骨院では問診、触診、理学検査をしっかり行い坐骨神経痛の原因を突き止めその原因にあった治療を行います。

また、坐骨神経痛にはストレッチや運動が効果的な物もあります。ストレッチや運動、日常生活での注意もきちんとアドバイスしてアフターフォローもしっかり行います。

なかなか治らない坐骨神経痛でお困りの方は一度ふじ接骨院まで!!

ホーム

LINEで送る
Pocket

2 thoughts on “坐骨神経痛の治療本当にそれであってますか?

  1. ピンバック: 根本的に冷え性を改善するには○○がいい!! - ふじ接骨院 冷え性

  2. ピンバック: 薬物の使用過多による頭痛になる前に - ふじ接骨院 頭痛

ただいまコメントは受け付けていません。